韓非子

中国の古典ばかり集めてみました。三国志から水滸伝・・・司馬遷・・・色々。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

淮南子 (中) 新釈漢文大系 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
本書は『淮南子』21巻を、3冊に分けて注釈を加えたものである。

水滸伝 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
「水滸伝」は梁山泊に集う好漢たちが繰り広げる壮大な物語。本書は、痛快で外連味あるストーリーのダイジェストはもちろんのこと、武松、魯智深といった有名な登場人物に焦点を当て、わかりやすく解説しています。また、英傑のモデルとなった実在の人物、年代における語彙の変遷、演劇や日本文化との関連といった様々なテーマを学術的に読み解きます。フィクションと思われている「水滸伝」が、意外にも多くの部分で史実に基づいていることや、時代に応じて微妙に変化しつづけた「水滸伝」から中国社会の変遷が読みとれることに気づくでしょう。

内容(「MARC」データベースより)
ストーリーのダイジェストはもちろん、有名な登場人物に焦点を当ててわかりやすく解説。また、英傑のモデルとなった実在の人物、年代における語彙の変遷、演劇や日本文化との関連といった様々なテーマを学術的に読み解く。

中国正史倭人・倭国伝全釈 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
『漢書』から『旧唐書』まで、倭人・倭国について記した中国の正史の原文と読み下し文を掲げ、詳細な語注と解説をほどこす、鳥越“倭族論”の集大成。

内容(「MARC」データベースより)
倭人とは何者か? 「漢書」から「旧唐書」まで、倭人・倭国について記した中国の正史の原文と読み下し文を掲げ、詳細な語注と解説をほどこす。「倭族論」の集大成。

中国古典「一日一話」―世界が学んだ人生の参考書 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
本書では、中国古典のなかから主なものを十二冊選び、そのなかから人間学の真髄に迫った言葉を取り出してわかりやすい解説をつけている。

内容(「MARC」データベースより)
人間的魅力、強さ、賢さ、そして生きる知恵…。永い時を生き抜いてきた中国古典には、すべての「答え」がある。ひとつ上級の生き方ができる180の知恵と教え。97年刊知的生きかた文庫版を単行本化。

西遊記〈9〉 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
三蔵の凶星はいまだ消えず.ひとり無底洞にさらわれ,唐僧と夫婦のちぎりを結ぼうとめかしこんだ女怪になまめかしく迫られる.ようやく難を逃れた先は滅法国.そこでは和尚1万人を殺すという国王の願掛けが,あと4人でめでたく満願になるところだという.一行は頭巾であたまをつつみ,長持にもぐりこんで一夜を過ごす.(全10冊)

内容(「BOOK」データベースより)
三蔵の凶星はいまだ消えず。鎮海禅林寺でわずらいつくとすっかり気弱になり、遺言まで書きだす始末。またも弟子たちに手を引かれ、ようようたどりついた滅法国では、和尚一万人を殺すという国王の願かけが、あと四人で満願になるところであった。改版。

詩経 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
『詩経』は中国文学の母。『易経』『書経』『礼記』『春秋』と併称される「五経」の一として名高い古典。長らく儒教道徳弘布の経典として読みつがれてきたが、著者は伝来の解釈を牽強附会なものとして退ける。原典の詩句を虚心に誦するとき、そこに立ち出でるのは古代中国民衆の瑞々しい感情生活であり、真摯な祈り、痛切な訴えと諷刺である。感動溢れる古代歌謡としての『詩経』を正当に読み解いた画期的名著。

著者紹介
1904年山口県生まれ。東京帝国大学文学部卒業。九州大学教授、早稲田大学教授を歴任。専攻は中国文学。九州大学名誉教授。学士院会員。主著に、『洛神の賦』『屈原』『世説新語』『詩経・楚辞』『唐詩三百首』『唐詩散策』『目加田誠著作集』(全8巻)など。1994年没。

西遊記〈1〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
七世紀の玄奘三蔵による仏教経典取得の旅行記『大唐西域記』から生まれ、その後民間で発達した説話を、明代になってまとめた中国四大奇書の一つ。第1巻は、悟空の誕生から、天宮で傍若無人に振舞うさまを描く。各冊十回ずつを収録。

西遊記〈3〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
沙悟浄も加わり、ますます賑やかな一行。しかし団体さんにもめごとは付きもの、悟空がかっこよく妖怪を片づけるのが、荷物かづきの八戒には面白くない。雄ブタの嫉妬は禍のもと、嘘をふきこまれた三蔵は、師匠思いの一番弟子をとうとう破門する。新訳。

陸放翁鑑賞 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
本書で鑑賞の対象とされた陸放翁(一一二五‐一二一〇)は、名を游といい、放翁はその号、中国南宋時代の詩人である。放翁在世の当時、中国は領土の北半を異民族の国家金によって占領されていた。放翁は祖国の失地恢復を一生涯うたいつづけた愛国詩人として知られる。また一方、不遇な政治生活の果てに、晩年には農村での隠遁生活を強いられ、田園生活の諸相を微細に日記風に、そして大らかに牧歌風にうたった詩人としても、評価は高い。河上肇は出獄(一九三七年、五八歳)の後、これまた強いられた隠遁生活のなかで、陸放翁の作品に出会い、傾倒する。一万首に近い作品を収める詩集を読破しただけでなく、それらのなかから約五百首を選んで評釈を加えた。それが本書である。

内容(「MARC」データベースより)
出獄後、強いられた隠遁生活の中で河上肇が出会ったのは、やはり強制的に隠遁生活を送らされた中国南宋時代の詩人・陸游の作品だった…。田園生活の諸相をうたった500首の評釈を収録。82年刊「河上肇全集 20」の再刊。

三国志演義〈4〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
赤壁の戦いの後、孫権と劉備の関係は急速に険悪となるが、劉備と孫権の妹との政略結婚が成立した。また曹操は大敗にもめげず北中国の支配基盤を固める過程で、謀殺された父の報復に燃える西涼の馬超と壮絶な戦いを繰りひろげ、これを撃退する。その後、劉備は確実な拠点確保のため軍勢を劉璋の蜀にすすめ、二年半の歳月をかけて攻略しついにその支配者となり、曹操は漢中を平定して魏王となった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
井波 律子
1944年富山県生れ。1966年京都大学文学部卒業。国際日本文化研究センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [美容外科] [高収入バイト情報] [アキバ中毒のページ] [東京ぶらぶら] [電子たばこ] [GOGO!江戸川区!] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [ハロー!江東区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ]
[ロマンス天国〜時代物] [シルエットシリーズ・スペシャルエディション]

oooぎょうざ@千葉ooo 将棋好き好き@千葉ooo 千葉県の大学一覧ooo 巣鴨で散策!ooo パソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo 千葉花火大会情報。千葉はナビ!ooo 巣鴨で散策!ooo 千葉の駅集めましたooo 文の京!文京区!ooo リネージュIIクロニクル2ooo 住宅ローンのことooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo 千葉野菜王国ooo 東京ぶらぶらooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo 千葉の酒蔵ooo 千葉県南房総 館山市.COMooo 東京都台東区根岸を紹介するページooo 千葉ビーチONLINE! 館山、勝浦、鴨川、南房総、御宿、九十九里のビーチ情報!ooo